【不思議体験記14】シンクロニシティ「8」 part

0

    《part,呂海舛蕁

     

    ◎Case4 8月8日に出かけた時に目撃した数字の8
    part,任盻颪い燭茲Δ法■厳遑呼は「ライオンズゲート」が開く日と言われている。

     

    ライオンズゲートとは、地球が銀河の中心と一直線になる日とされ、宇宙間での整列が起こることによって物質世界と精神世界とをつなぐポータルが開くとされている。

     

    暦の上では、ゲートは7月26日から開放されるそうで、ゲートが閉じる8月12日までの間、最もパワーが強大に作用する日が8月8日であるという。

     

    ライオンという名前がついていることからもわかるように、獅子座が新月を迎える月は、何か物事を始める上では吉月とされ、新たな扉を開いて今まで以上に自分の可能性に挑戦したり、大きなエネルギーの作用を自分の中に取り入れ、さながら獅子奮迅のごとく、情熱あふれる活動をするのにも適した期間となる。

     

    そんな中で、下記に掲載したものは去年の8月8日に起こった出来事と、それとは別の日にも同じような現象が起こったことを雑記ノートに記入していたので、それを紹介したい。

     

    H29.8.8

    (家への帰り道の国道で)すれ違った黒い車のナンバーが8008。今度は旧道を走っていると、右側に停まっていた車のナンバーが8888。そこから50mも行ったか行かないかの所で今度は左側に停まっていた車のナンバーが同じく8888。そのまま進むと対向車のナンバーが8808。さらに数分後、対向車のナンバーが888だった。この間、わずか30分ほどのことである。何だコレは…

     

    H29.10

    国道を走行中に888の車のナンバー2台、88のナンバー1台、8008のナンバー1台とすれ違った。そして目的地に着き、車を停めようとして駐車場に入ると、後ろから一緒に入ってきた車のナンバーが8008だった。家を出発してからここまでで、約1時間での出来事だった

     

    上記の Ν△箸癲△匹舛蕕蘯屬能个けた時に、すれ違った車のナンバーに8が含まれているものとかなりの確率で遭遇した、ということである。以前には、1122や1123という車のナンバーとよくすれ違っていたが、今度は数字の8に関する出来事が、自分の身近で頻繁に発生しているのである。

     

    数字のシンクロ現象には果たしてどんな意味が隠されているのだろうか。その答えをぜひ知りたいものである。

     

    ◎Case5 8月8日に現れたのは「フェニックスゲート」?
    下に掲載した写真は、すでにこちらの記事で紹介したものを再掲載したものだが、実はこの写真は今から6年前の平成24年8月8日に撮影したものである。

    002鳳凰.jpg 003鳳凰.jpg

    曇り空で少しわかりづらいが、写真中央部に翼を広げたフェニックスのような雲が

    あり、その右下部分には半円状に穴の開いたゲートのような雲が写っている。写真

    右はそれを線図で表したものである

     

    8月8日のライオンズゲートにちなんで、これに名前をつけるならば「フェニックスゲート」と呼べるものかもしれない。

     


    記事をお読みいただきありがとうございます
    コメント
    コメントする








       

                     

    ◎私のプロフィールです

                    

    ◎カテゴリー

            

    ◎エントリー記事です

           

    ◎これまでの記事はこちら

            

    ☆画像付き掲載記事はこちら☆

    ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

          
                     

    ◎最近のコメント

    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
      クニ
    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
      クニ
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし

    ◎サイト内を検索できます